◎ H a l l o ◎ まめちゃんドイツ滞在記

ドイツで地味にワーホリ中。好きなように、ゆるめ且つ意識低めに。

ポーランドに行ってきた ~アウシュビッツ強制収容所見学~

アウシュビッツ強制収容所の見学に行ってきました

●行くまでの話はこちら

 

バスチケット購入後、指定の時間にバスターミナルへ行くと

小さなワゴンが停めてありました(大きさはジャンボタクシーみたいな感じ)

どうやらそれに乗っていくようです。

 

バスチケットは運転手からも買えるようですが(帰りはそうした)

なんと定員オーバーで乗れずに断わられている人も居ました。

私は事前にバスチケットも持っていたし、

15分前に到着したので座れましたが、

これは注意が必要ですね…

15分前にはバス停に行っておいたほうが

良いのかもしれません。

 

また、バスの中で

帰りのバスの時刻表チェックをお忘れなく!

 

ちなみに帰りは満員で、1時間半くらい立ち乗りする羽目に。

(帰りは運転手さんからバスチケットを直接買いました)

これはしんどかった。

帰りは立ち乗りするくらいなら、

次のバスを待ったほうがマシです。

見学後で暗い気持ちの中(これはどこの国の人も同じ)

楽しくおしゃべりしてた人はいませんでしたので、

バスの雰囲気は暗いし、寒い日の場合、外に3時間くらい居て

体も確実に寒さで疲れています。

 

ほかの日本人見学者の方は、

違うバスチケットをお持ちの方がいらっしゃいましたので

バス会社が何社かあるのかもしれませんね。

 

交通手段(バス)について一旦まとめておくと…

■バスセンターで行きのバスチケットを購入する

(帰りのチケットは運転手から買える)

■バスは運航時間に限りがあるので、チェックを忘れないこと

■バス停には、発車15分前の到着が好ましい

 

途中何もない土地を抜けたり、住宅地を通ったり。

当時、ここに連れていかされた人と同じような景色を見たのだろうか。

なんて考えてしまいました。

 

さて、到着しました。驚いたのは、人が多いこと。

たくさんの人でした。

 

アウシュビッツミュージアムでできること(私が見た範囲です)

■第一、第二強制収容所の見学(個人、ガイド付き) 

※ガイド付きがおすすめです。

きちんとした知識で、きちんと学ぶことができます

※収容所間の移動は無料のバスで行います

※入場料は無料ですが、ガイドさんと同行する場合はガイドさんに

お支払いをする必要があります。

※事前予約が必要なようです、各自ご確認をお願いします

(「アウシュビッツ 訪問」とか「アウシュビッツ ガイド」など検索すると

日本語でも出てくるかと思います。)

(私は中谷さんにお願いしたので、中谷さんにお支払いをするという形のみで

アウシュビッツミュージアムに直接予約やお支払いはしていません。)

■トイレ

1回2ポーランドズゥオティです、小銭を用意しておきましょう

■本、コーヒーや水、軽食が買える

寒い日だったのでコーヒーを飲んでいる人が多かったです

■レストランがある

私はこちらには行っていませんが、結構食事をしている人がいました。

(見学に移動も含め1日を要してしまうからかもしれません)

■大きな荷物は持ち込めないので、預ける必要がある

自信がなかったので、セキュリティに聞いたところ、

問題ないといわれました。

(ななめがけバックの、少し大きめのサイズのものです)

 

上記はごく普通の博物館にもある設備と同じですので、

見学に際し特に不自由することはありません。

 

実際に見学してみて。

まず驚いたのは、建築物の作り。

これが何も知らずに外からだけ、建物だけを見たのなら、

ドイツの当時の建築技術の美しさに息をのんでしまうかもしれません。

どこかツォルフェアアイン炭鉱業遺産群を思い出してしまいます。

 

当時ここで働いていたドイツ人は

こんな「どっからどうみたって完璧なドイツ建築」な建物で働く。

という一種の誇りが、この悲惨な事実への感覚を麻痺させてのではないだろうか。と

考えてしまいました、人間って怖いです。

 

収容所はとても広く、たくさんの展示物があります。

寒い風の吹く冬の始まりの暗い天気のなか、

ガイドの中谷さんが、淡々と私たちに事実を伝えてくださいました。

 

はじめ、話を伺うことによって気分が悪くなってしまったり、

悲しくなってしまうのではないかと不安でしたが、

中谷さんはこの収容所の事実を「想像」させ「恐怖」と結びつけるようなことは

一切されず

「なぜこのようなことが起こったのか」

「どうして文化水準の高い国で教育を受けた人々が

こんなことをやってしまったのか」など私たちに

問いかけるように話してくださいました。

(もちろん、刈り取られた髪の毛やガス室、懲罰牢、処刑場などかなり

とても悲惨な事実がそこに存在している、跡が残っているのは確かです)

 

でも、考えれば「こんなひどい状況だった、怖いでしょ」

なんて想像するだけなら簡単ですね。

 

でも、それでは何も解決しないです。

確かに戦争は怖くて恐ろしいものですが、

「怖いから、恐ろしいから私たちは戦争をしない」では、

根本的な問題解決にはならないし、

この、何が正義で何が悪なのかもう複雑になってしまった国際社会では

通用しない意見だな、あまりにも子供じみている、と気がつきました。

 

現代の日本では、このような悲惨な人体実験や大虐殺はないかもしれないが、

似たような小さな人間の心レベルでの現象はすでに

起こり始めているのではないか。

 

この世界の流れの中で、

他の文化の人たちとどう理解しあい、

協力し、時には妥協をして生きていくか。

そういったことを常に考えて、自分自身意見をもっておく必要があると考えました。

https://www.instagram.com/p/Bpxb_AMhyX7/

Easy to imagine, easy to just take a picture. But hard to find the answer.

 

ということで、決して楽しい場所でもありませんし、

わくわくもしませんし、確かに悲惨すぎる場所でしたが、

私はこの場所に自分で行って、お話を伺って、本当に良かったと思います。

 

ということで、アウシュビッツ強制収容所のお話はおしまいです。

淡々と書きましたが、何か質問などあれば聞いてください。

ポーランドに行ってきた ~準備・情報編~

今回はドイツに住んだのをいいことに、

ドイツ国内、ヨーロッパ各国、計30か所くらい

いろんなところを回りました。

 

書きたいこと、書きたい場所 順にいろいろ書いていこうと思います。

(質問などありましたらお気軽にどうぞ。

インスタもやってますので、そちらからのメッセージでも大丈夫です。

※misaaaaa824です)

 

まずはこれ。誰もが知っている、

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 - Wikipedia

アウシュビッツとは、ドイツ語の読み方で

実際はオシフィエンチムというポーランド語の地名になります。

 

行く前の心境

行きたくはありません。行ったほうがいいよ!とすすめる人はいません。

展示が怖くて(長崎の原爆資料館が怖くて具合が悪くなった経験あり)

途中気分が悪くなったらどうしようか、とか不安はあり、

友達とかにも相談してみたりしました。

でも、日本に帰ったら絶対に行くことはないでしょうし、

きちんと「自分の目で見てみたかった」ので、今しかないと思い訪問を決意しました。

 

準備:行くにあたって

ポーランドに行く必要があります。

ポーランド人の友達に相談したところ、

クラクフはとっても素敵なところだから、

ワルシャワよりもクラクフがおすすめかな。」と言ってくれたので、

クラクフという街に宿泊にすることに。

(クラクフからアウシュビッツミュージアムがある

オシフィエンチムまではバスで1時間半)

 

ちなみに、アウシュビッツミュージアムは所要時間約3時間かつ、

移動時間もあるので、行かれる方は「1日を費やす」と思ったほうが良いです。

 

■宿

物価が安いのでホステルのアパートメントタイプを指定し、今回はこちらへ

バブル ホステル(クラクフ)– 2018年 最新料金

こちらのアパートタイプは、静かなアパートメントに一人で大きなベットで

宿泊でき、しかも安くておすすめでした!シャワーもあったかいし、水圧も◎

※アパートメントタイプはキッチン、個室シャワーなどもあり、便利

 

ポーランドの情報はどうやって入手した?

ポーランドなび -WITAM!- | 南ポーランドに住むガイドがお届けするポーランド情報ブログです

こちらのサイトさんで入手しました!

電車の乗り方や、ほかの都市についても完ぺきな解説です!

私がここでダラダラ書くより読みやすいです!(ありがたや~)

 

アウシュビッツでのガイド

アウシュビッツはガイドなしでもちろん入れますが(入場料は無料)

基本、ガイドツアーで回る人が多いようです。

というか、ガイドさん付きで回ったほうが分かりやすい。

何がどこにあるのかわからないし。

 

様々な言語のガイドがあります。

でも、どうしても日本語が良かった。

 

ドイツ語は難しいにしても、英語は理解できるので、

英語でもよかったのですが、母国語できちんと理解したかったので。

 

そういうわけで、自分の国の言葉できちんと事実を受け止めたかったわけです。

 

私は今回、中谷さんアウシュビッツミュージアム

公認の唯一の日本人ガイドさん)の

予約をしてみることにしました。

ネットで中谷さんを検索し、記載のメールアドレスに連絡し

日程を伺い、サクッと予約完了。

(かなりスムーズに予約することができました)

 

■出発

まずはクラクフへ行く

(旅行先のバロセロナから飛んだので、ワルシャワ経由)

ちなみに航空会社はポーランド航空

おいしいチョコレートのサービスがありました。食べたほうがいいよ。

https://www.instagram.com/p/Bpt4lkjl6sg/

 

ワルシャワ経由 の落とし穴!

バロセロナで預け入れ荷物をチェックインしたときのことです。

係員「いったんワルシャワで荷物をご自身でピックアップ

してください」

私「え?なんで?で、どうするの?」

係員「ワルシャワで荷物をピックアップし、

もう一度預け入れて、クラクフに行ってください

私「2時間の乗り換え時間はありますが、いったん外に出るのですか」

係員「それ以上は、ワルシャワで聞いてください」

私「・・・はい。」(話にならん。めんどくさい)

 

よくわからないまま、ワルシャワへ。

私「荷物をいったんここ(ワルシャワ)で受け取って

もう一度預け入れろとバロセロナで言われたのですが」

係員「一回荷物をピックアップして外に出て、

カウンターへ行ってください

 

やりましたよ。はい、言われたとおりにね。

Transfer(乗り換え)には行かずに、

荷物を取って、EXIT(出口)にね。

もう一度手荷物検査したよね。

ワルシャワの空港、そんなに広くないし、混雑してもないし、

カウンターの人も気さくで、余裕だったけど、

疲れた、ただ、ただ疲れた。。。

みんなが絶対ではないと思いますが、そんなことってあるのね。

 

そんなこんなで、疲れてクラクフへ到着。

https://www.instagram.com/p/Bpu-15ph90K/

21時のクラクフ空港駅。

クラクフ空港→中央駅 間は電車がおすすめと聞いていたのですが、

次の電車50分後という最悪のタイミング。

 

メキシコ人夫婦、トルコ人、私で夜の誰もいない駅で

50分待つことに・・・(暇だから自己紹介したwww)

 

てか、電光掲示板にも何も表示されとらんし!!!

本当に電車来るのか!

 

誰も来ないので聞けないよね・・・

 ///久々詰みました///

 

メキシコ人妻「ねぇ、50分はこの状態で待てんくね?」

全員一致・・・。

トルコ人「バスがきっとあるはずや!」

全員願う・・・。

ということで元の道を戻ることに。。。

 

っとそこでバス2台を発見!

私(バスの中に叫ぶ)「すみません、クラクフ駅に行きたいんですけど、

どっちのバスが行くか、どなたか教えていただけませんか??」

 

乗客のお姉さん「はーい。両方行くけど、

あっちのバスはトラムに乗り換えないといけないのね。

こっちはちょっと時間かかるし、駅じゃなくて駅横のバスターミナルに着くのね。

でも、旅行者にはこっちが簡単でいいかもしれないよ!」

と言って、ご自身のGoogle MAPを開いてルートを見せてくれる。

 

これこそが神対応!!!

いい大人4人で「ohhhhhhhh,thank you very very much!

you are sooooooo kind! ohhhhhh!」を連呼しwwww (欧米か。)

バスで30~40分くらいで無事駅到着。

 

治安は悪くないとは思いますが、人がいないので、怖いんです。

治安とかじゃなくて、人がいない。

誰にも聞けないんです。わからないんです。

ポーランド語は全く話せませんし・・・

ちなみに私の英語検索Google先生バスはない

おっしゃってました…( ^ω^)・・・

 

中央駅に着くと(実際は中央駅併設のバスターミナル)

人もまだいて、無事ホテルを見つけることが

できましたが、夜に知らぬ土地に着く

というリスクを実感しました。

 

翌日のアウシュビッツミュージアムのガイド時間が12時半からだったので

朝に疲れた体を休ませることができましたが、

頭と体をフル回転させて、この日はものすごく疲れました…。

 

クラクフからアウシュビッツミュージアム

バスと電車という手があります。

私はバスにしたので電車のことはわかりませんが、

ツアー参加者の方によると

電車でオシフィエンチム駅に行き、徒歩またはタクシーで行くようです。

(徒歩は遠いみたい)

 

バスの場合は、クラクフ中央駅横のバスセンターでチケットを買い、

決められたバス停に行き、バスに乗ります

時間指定があるので、早めに行ってチケット係の人に

時間を聞いて自分で指定しました。

(ホテルから近かったの朝早めに行って行きのチケットを事前購入した)

 

さて、出発です。

日本に帰ってきましたと、いきなり持ち物ランキング

ただいま、おいしいごはん達、大好きなお友達、半年ぶりの旦那(夏に遊びに来た)。

 

ということで、私、ビザ期限までドイツに住み、

日本に帰ってきたところです。

 

なんで今まで更新しなかったの?

はい、、帰国ギリギリまで

学校と自学を含め、1日6~7時間ドイツ語を学んでいたのですが、

とてもじゃないけど、

日中の大半をドイツ語を学び、ドイツ語で過ごしている中で、

「日本語を書く」という作業 が、どうにもこうにもストレスだった。。。

頭ドイツ語のままでいたいんじゃー

ーーわーーー(/--)/モウイヤッっという感じでして…

って、ただの言い訳ですけどね…

書きたいことはたくさんなので、ゆるりとお待ちくださいませ♡

 

ではとりあえず、

今日は日本から持ってきてよかったもの、

無意味だったものランキングやっちゃいましょ。

 

■日本から持ってきてよかったもの。

これはほんとうキリがないんですが、

お箸とか菜箸とか(ないからね)、ティッシュ(海外の紙が堅いのよ)、

シャーペン(売ってないし、あってもなんか高い!!!)、とか、、、

でも、厳選して3つをね、選びたいと思います!

 

No.3 洗濯ネット

ヨーロッパ特有の硬水、そしてなんかしらんけど洗濯に時間がかかる。

そう、服が傷むのです。

なので、とりあえずタオル以外はすべてネットに入れて洗っていました。

(洗濯の話はまた詳しく書きますね。洗剤も様々です。)f:id:mamechangogo:20181115114534j:image

ちなみにこちらはドイツで1年使って色も姿もボロボロになってしまった

我がタオルさん…

写真からでも毛羽立ちが確認できますね。柔軟剤とか使ってたんだけどね…

 

No.2 洗濯ピンチミニハンガー

名前知りませんでしたのでググりました。これこれ。f:id:mamechangogo:20181115114334j:image

洗濯もの干すときにパンツとか靴下干すアレです、アレ。

アレがないって考えられないでしょ?

しかも、ミニを持っていくことによって旅行でも持っていけるんですね。

洗濯ばさみの部分を取り外して時々使っていましたし。

 

No.1 延長コード

携帯もPCもドイツで買うからいらん!って人は不要ですけど。

ドイツのコンセントに、変換プラグと日本の延長コードを差し込めば

携帯もパソコンも一度に充電できますし、部屋の間取りも融通が利きます!

これは持って行って本当に良かった~と思えるものです。

 

???番外編???キーホルダー

なんで?

例えば、家が決まって家の鍵をもらったとき、

そのまま鍵だけ使うのは不安でしょ、キーホルダーがあれば

カバンの中で迷子になることはなし!

 

買えばいいやん!

引っ越したばかりの貧乏生活において

1ユーロを現地のダサいキーホルダー

使うのは非常に勇気がいるのですよ!

それなら投げ銭したほうがマシや。

f:id:mamechangogo:20181115114353j:image

ってことでロンドンのハリーポッターショップで買ったこのキーホルダーは

我が家の家の鍵として大活躍したよ

日本じゃ絶対使わない

 

■日本から持ってきて無意味だったもの。

No.3 ヘリノックス(アウトドア チェア)

f:id:mamechangogo:20181115114606j:image

なんで持ってきたん?キャンプでもしようと思ったん?

ねぇ、そんなに楽しいって思ったの?

自分を責めたい、誹謗中傷したい。

部屋で広げて使ったらなんか、さみしかった思い出が…

思い出したくもないわwwwww

 

No.2 ドイツ語の参考書(日本語版)

そもそも教科書も授業も生活もドイツ語でやってるのに日本語に

わざわざ変換して調べる必要はないですね。

ネット検索すればいくらでも解説は

ころがっているわけですよ。

てか、重いです。荷物になります。置いて帰ってきました。ごめん。

 

No.1 ハンカチ

トイレには紙タオルもしくはハンドドライヤーがあります。

私は5枚くらい持って行ったんですが、1枚も使いませんでした。

てか、現地で買えるし、なんで持って行ったんやろうか

 

基本、重い&現地でも購入可能なもの、

持っていくのを一度考えたほうが

良いかと思います。(当たり前www)

 

シャンプーやリンスなども

水が違うので、日本のものを使うと髪がバシバシになりますので

おすすめしません!

 

日本からいざ旅立つ!と考えると

いろいろ持っていきたくなるのが人間の性といいますか。

私もそうだったんですけど。

結局帰りの荷物膨大になったし、

(先にドイツから日本に荷物を送る羽目になり、100ユーロかかった)

いったん「それ、本当にいる?」って考えるのも大事ですね。

 

ただの反省になっちゃった。

ってことでまたね~♪

ケルンであそぼう

突然ですが、ケルン大聖堂は最高です

 

通るだけでも、泣けてきます、私は。

ドイツ生活が本当に苦しい時はここに入ってゆっくり考えて、

元気をもらったりします。

仏教徒です、お邪魔してます)

さて、このケルン大聖堂のあと、何する?

って問題に直面するとこの間議論になりました。

 

出た案としては・・・

■チョコレート博物館に行ってみたり?

■買い物したり?

■橋でのんびりしたり?

■近くの美術館に行ったり?

(ピカソやウォーホルがあるよ)

ポドルスキ選手経営ののケバブ屋に行ってみたり。

(私はまだ行ったことがない)

まぁ選択肢は色々あるのですが、

基本的に大聖堂メインで他は何もないかもしれない。うむ。

 

ってことで私のおすすめアフターケルン大聖堂はこちらです。

まず言い忘れましたが、こちらケルン大聖堂

階段があり登れます。

料金:4ユーロ

駅と反対方向に歩けば階段があります。

 

ただし、この階段、高所恐怖症だけでなく、

閉所恐怖症の方も要注意!

階段がすごい狭いし、上に行くまで窓ほぼないです

国籍問わず、具合悪くなる人いるんじゃないか?って思います。

f:id:mamechangogo:20180723013447j:image

 

上からの景色。
f:id:mamechangogo:20180723013559j:image

ニュルンベルク並の絶景を期待してましたが

そうそう、ケルンは都会だった

これ忘れてた。ケルンは都会です(なぜ2回言った・・・)



景色はニュルンベルクが今のとこマイベスト、超えられないな、あれ。

mamechangogo1011.hatenablog.com

 

話は逸れましたが、その後、Koblenz 行きの電車に乗ること15分。

降りた駅はBrühlこれまた駅降りて徒歩1分。

 

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト - Wikipedia
f:id:mamechangogo:20180723013641j:image


館内は飲食禁止はもちろん、

撮影禁止

リュック禁止

ガイドツアーのみで

入館可能完全無敵の城

インスタ映え目当て人を

ふるい落とす潔さ!うん好き❤

(完全無敵は誇大広告です)

受付でお支払いをし、

リュックをロッカーに預け、

パスポートと引き換えに

オーディオガイドを借りて、

ガイドツアー開始を待ちます。

(正直、パスポート預けるのはすごい不安なんですけどね)

 

※リュックについてですが、

小さな斜めがけバックを持っている人は

そのまま入れてましたので、大丈夫みたいです!

平均年齢60歳くらいの

元気なドイツ人おばちゃま軍団と同行することに。

日本語のオーディオガイドがありますので、
特に解説には問題はありませんでしたが、
もちろんガイドの方が直接話す情報が
一番豊富で面白いです!
(これはここに限らず、日本でも同じだと思います。)
 
あの有名な人の祖父が描かれている絵画なども教えて頂きました!
ドイツ語が少しでも分かる方は、
きっととっても楽しい約1時間になるはずです♪
私も歴史的な表現などはさっぱり分かりませんので、
日本語のガイドを聞きつつ、
分かる言葉がないかガイドさんの言葉を必死に拾っていました…w
(所要時間は約1時間です)
 
運が良かったのか、グループの雰囲気もよく、
ガイドさんから、
「分からないことがあったら英語で質問してもらっても構いません
聞いてくださいね!」と言って頂いたり、
私が理解してなかったら、参加者のおばちゃま達が
もう一度説明し直してくれたり
「こっちよ!」と声をかけてくれたりと、
和気あいあいでした。
 
んで、中の感想は、
パ リ か よ 。
 
完全なロココ様式♥️
びっくりします。
口をあんぐり開けてしまいます!!!
Google先生が検索すれば中を教えてくれますが、
敢えてここではリンク貼らないでおきますね)

さて、終始穏やかにツアー終了。
f:id:mamechangogo:20180723013734j:image
お庭の向こう側?に、
もう一つ狩りをするための別邸
あるようですが、閉館時間間際だったのでリタイア。
(バイト先の料理長には、「ここも行けよ〜」って言われた、またこんどね。)
 
ケルンの駅と線路を設計した人は、
ケルン大聖堂と、このお城を意識して
作ったのかってくらい
世界遺産が2つも駅から徒歩約1分
 
すごくない?
f:id:mamechangogo:20180723013808j:image
 
ありがとうケルン、
そう私はケルンが本当に大好きです。
(すごく言いたかった〜これ♥️)

炭鉱で廃墟巡りっぽいことしてきた


今回の休日小旅行は定期を使って

mamechangogo1011.hatenablog.com

 

こちらへ。
f:id:mamechangogo:20180723005144j:image

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 - Wikipedia

世界遺産です(すごー)

2時間くらいしか居なかったのですが、
携帯の万歩計が10000万と9歩になってましたw

 

●行き方は簡単です
Essen Hbf (中央駅)→Straßen-Bahnの107(Katernberg行き)で Zollverein駅へ

他の駅からでも行けるようですが、

これが1番だと(フラットメイト談)

 

とにかく、エッセン中央駅で

『U-Bahn』の目印と、

『1+3』というプラットフォームの表示を目指せば

目的地に向かう電車乗り場に

たどり着けました!

 

その前に…あの…

エッセン中央駅って、何でこんなに青いの。
f:id:mamechangogo:20180723005202j:image

ヤク中対策ですか?これ?

ニュルンベルクのトイレも青かったけど、

駅全体が青いから、ちょっと涼しかった(どんな感想www)

 

青色にちょっとドキドキしながら

電車に乗って到着!

ようこそ!
f:id:mamechangogo:20180723005221j:image

どーん。

電車で15分位で、駅降りてすぐです!)

 

自分がどこかも分かりませんが、

インフォメーション看板に地図が入ってた、

これ自由に持っていけるらしい。
f:id:mamechangogo:20180723005235j:image

 

この地図がすごい分かりやすく、

なんとなくこの赤い「」に沿っていけば

行けました

人の流れに沿って行ったところ、どうやら、Bの場所へ来たらしい。
f:id:mamechangogo:20180723005302j:image

おぉ。


f:id:mamechangogo:20180723005400j:image

階段にも登れたので、

こんな角度からも見える。

 

遠くに建物が見えたので行ってみましたところ…
f:id:mamechangogo:20180723005422j:image

どうやらここはC

(何でプールあるか不明)

 

さて、地図を見ながら近道。

の前に、ここすごいきれいやん。
f:id:mamechangogo:20180723005457j:image

この日は暑かったので地図上、

緑のところは虫が多そうで

行きたくなかった。

そう、私虫嫌い。

 

…話逸れますが家には網戸ないのでどんどん虫入ってきます。

自家製アロマスプレーで意識高く絶賛撃退中です。

レモングラスのアロマオイルと

ホホバオイルと水を少し混ぜたものを虫除け

スプレー代わりに(効果不明)

 

 

ミュージアムはトイレを借りるために行きましたが(ごめん)


f:id:mamechangogo:20180723005533j:image

 

ずっと、「おぉ」「おおおおお」

なにこれちょうたのしい」と

独り言を呟きながらお散歩してました。

 
f:id:mamechangogo:20180723005601j:image

カメラ好きの本気の方が多いので、

私のしょぼい携帯カメラで撮影しているのが少し恥ずかしかったwww

まぁ誰も気にしてないのだけれど←変なプライドは捨てろ。
f:id:mamechangogo:20180723005617j:image

廃墟っていうほど完全廃墟化されている訳では

ありませんでしたが、探検気分で

気持ちよくお散歩が出来るのでオススメです♥️

 

駅は何だかエヴァ感。
f:id:mamechangogo:20180723005650j:image

 

私は最高に楽しかったですが…

人によって興味があるなしが

かなり左右される場所かと思いますが…

カフェとかもありますので、ゆっくり過ごすにはオススメの場所です♥️

 

近隣へ日帰り旅行してみてる

こんにちは、すみません、新しいドイツ語コースが始まって

追いつけない、やばい、勉強頑張ってました・・・(涙)

 

さて、本題ですが、定期を使って電車で近隣散歩してみました。

定期の話はこちら 

上記の日記にもありますように、

※自転車乗せれる、平日19時以降と、土日は同乗者無料、

また、土日は州内の他の市にも無料で行けたりする

 という無敵さを使って、、、

 

1.ゾーリンゲンへ行ってみた

日本では刃物の街として有名ですね。

ドイツ人の友達に「ゾーリンゲンに行く」と伝えたところ、

「え?何があるの?」って回答が・・・

 

リフトがあるんだぜ!(どや)
f:id:mamechangogo:20180722074418j:image

日本人の間ではたぶん、ちょっと流行っているこれ。

Shloss Burgというお城に行く為のリフトです。
f:id:mamechangogo:20180722074455j:image

こんな感じ。

 

さてこちら、ゾーリンゲンの中でもちょっと離れている。

本来なら、Wuppertalのどこかで乗り換えてバスに行けるらしいのですが、

探したけど出てこなかったよ…何で?曜日の関係でしょうか?

 

ってことで電車を3回、バスを1回乗り換えて行ってきました。

地元のことは省略しますが、

とりあず

電車でゾーリンゲンの中央駅(Solingen HBF)へ

→乗り換えてSolingen MItteに行き

→バス683 Burger Bahnhoh行きBurg Seilbahnを

目指せば行けた!

 

途中でバスを降ろされ、別のバスに乗り換えさせられたりしますが、

とにかくBurg Seilbahnを目指せば行けるから、信じて・・・
f:id:mamechangogo:20180722074533j:image

んで4ユーロ払って往復でこの景色を楽しみました。

 

リフトの上はお城やカフェがあります。
f:id:mamechangogo:20180722074615j:image

この日は中世の格好をした人がお城を楽しむ日だったらしく、

8ユーロ払って城内やイベント会場に行けました。

 

いいお天気で最高!だった筈だけど。

私は、う〜ん。別に。だったかも・・・

リフトがメインだったせいか、たまたまシャイな人ばかりに当たったせいなのか。

特に。。。ごめん。ほんと。何も感じなかった・・・
f:id:mamechangogo:20180722074647j:image

その場の雰囲気って人によって違うと思うから、

多分そのせいかなぁ。

ごめん、まぁでもこうしてブログ書いてるから、いいか。

 

1時間くらい歩けば、有名な橋があると

フラットメイトが行ってましたので、お時間ある方は是非^^

 

2.ヴッパータールに行ってみた

これは最高に楽しかった♥️

ヴッパータール空中鉄道 - Wikipedia

難しい話はwikiにお任せして(いつもお世話になっています)

簡単に申し上げますと、

モノレールだよ!

上からつり下げられてるんだよ!
f:id:mamechangogo:20180722074746j:image

こんな感じです。

 

仕組みは知りませんが、、、

こういう感じになっています。
f:id:mamechangogo:20180722074850j:image

 

ちなみに、ルートですが、街を西から東へ繋いでいるモノレールとなりますので、

Vohwinkel(西側終点) →Oberbarmen Bf(東側終点)

んで、また西側に戻ってくるというルートで私はぐるっと一周してきました〜♪
f:id:mamechangogo:20180722074821j:image

※終点では一度モノレールから降りて反対側の駅へ行く必要があります

※中央駅は、西側と東側の間にあります

 

工場の中を通ったり。スピード感www
f:id:mamechangogo:20180722074923j:image

 

自然の中を通ったり。
f:id:mamechangogo:20180722074949j:image

 

街中を通ったり。
f:id:mamechangogo:20180722075009j:image

 

私は街中が一番好きだったかも、

GTAでモノレールあったら最高なのに!

(ゲームネタごめんw)とか

考えてました・・・
f:id:mamechangogo:20180722075026j:image

 

中央駅にも降りてみたのですが、

カフェなどもあり、とても気持ちよく過ごせましたよ〜

あ!動物園もオススメみたいです。

(私は一人だったのと、このあと友達とワールドカップ決勝を見る予定が

あったので早々に退散)
f:id:mamechangogo:20180722075054j:image

ん〜っ。よいお天気で気持ちよかった!

ただモノレールに乗る、という遊び(?)なので、雨でもしっかり楽しめます♪

 

さて、このモノレール、 私のような近くの街から来た観光客が多めなので、

なかなか混むことが多いようです。

 

朝早く行ったせいか、比較的空いており、

窓側の席を独り占めできたのはラッキーだったかも♥️

(地元の人にとってはこれは完全な交通手段らしいので、

観光客の存在は…実際どうなんだろ?)

 

また、個人的な思い出になりますが、

中国人観光客の方と仲良くなって、

少しおしゃべりできたのも良かったかな!

 

ってことで、明日はまた日帰り遊びしてきます〜^^

 

ボンに行ってみたのと、ドイツ 電車チケットざっくりとした話

こんにちは〜今学校が休みだからどんどん書きまっせ!

というか、今年イチ私が輝いていた大好きな街ロンドン旅行記

書かねば・・・色あせる思い出たち・・・

 

でも先にボンの話。

ボンは非常に小さな街なので、日帰りで楽しむことが出来ます!
f:id:mamechangogo:20180629181857j:image

元首都ということもあって、ワクワクして向かったのですが
f:id:mamechangogo:20180629181939j:image

小さい。

こじんまり。
f:id:mamechangogo:20180629182145j:image

あら、こりゃいいとこね。
f:id:mamechangogo:20180629182006j:image

という感じです。

 

ハリボーショップ日曜日閉まってたん
f:id:mamechangogo:20180629182045j:image

 

 

ベートベーン押しがすごい

だって、生誕地なんですもん。

 

■ベートベンハウス。
f:id:mamechangogo:20180629182110j:image

かわいい♪

だが、ここの通りが狭く、精一杯の引きでこの写真www

しかも逆光www

(向かい側のショーウィンドーに張り付いて撮影)

 

■ベートベンの像
f:id:mamechangogo:20180629182217j:image

ちゃんとペン持ってます。

広場にあるので、広場のカフェでお茶している人が沢山!

 

謎の頭たち・・・
f:id:mamechangogo:20180629182239j:image

案内読みました、昔巨人が戦って・・・みたいな感じだったはず。

ただ設置されたのが比較的最近のものでしたので、

あまり注目を集めていませんでした

 

ってことで今回の目的はバイト先の可愛い後輩ちゃんと、

Königswinter

ケー二ヒスウィンター 訪問です!

(ケーニヒスクローネじゃない。あぁ、あのおいしいお菓子食べたい。)

 

ライン川沿いにあり、とても綺麗な景観地。

ジークフリートの舞台になったドラゴンの血を浴びた岩もあります。

(中二病なのでドラゴンの血と聞くとテンション上がる♪うおー)

 

まずはボン中心地から電車に乗って最寄り駅まで。

途中でパン買って腹ごしらえ。

良いか悪いか、誰も周りを気にしないので、

電車待ってる間に駅でパン食べてても誰も気にしない。

 

そんなこんなで電車に乗り、

最寄り駅で降りるとこんな感じで、

のんびり通り(私はそう呼んでる)があり、

景観も抜群!
f:id:mamechangogo:20180629182350j:image

アイス食べながらお散歩〜
f:id:mamechangogo:20180629182427j:image

さて、この目的地、小さな山って感じです。

電車?で登れますが一人往復10ユーロ弱したので、
f:id:mamechangogo:20180629182331j:image

え?10ユーロ?

10ユーロあれば近所のピザ屋で

マルゲリータ3枚食べれるやんけ!

勿体ないわ!!!と感じた私たちは歩いて登るのであった・・・

 

すげぇきつい。

初めの坂で心折れます。

覚悟ください。

急すぎて無言。。。

 

中腹にはSchloss Drachenburgもあります、

かわいいお城♥️
f:id:mamechangogo:20180629182448j:image

 

んで、着いたーっ!

 
f:id:mamechangogo:20180629182534j:image

おわードラゴン来そう〜
f:id:mamechangogo:20180629182624j:image

う〜ん♥️そして、眺めいい〜 
f:id:mamechangogo:20180629182649j:image

ってことでハイキング気分で楽しめました(おわり)
f:id:mamechangogo:20180629182704j:image

えっ!?もう?

そう、パンとアイス食べて景色見たくらいなのです。

 

お天気が良い日にかなり低予算で気持ちのよい旅行が楽しめます♪
f:id:mamechangogo:20180629182735j:image

 

ケルンの先にありますので、

ケルン駅で降りて大聖堂を見て帰ったりもできますよ^^
f:id:mamechangogo:20180629182823j:image

 

===ドイツの電車チケットの話===

さて今回、一緒に行った子が大学生だったため、

大学生は電車無料特典(らしい)に便乗し、

私はボン市内も無料で行けました。

 

定期や電車チケット話はいくらでも情報があるし、

私が書くよりプロの方の方が分かりやすいと思いますが、

少しだけ書いておきますと、

 

・ドイツの電車代、高い(しかも毎年値上がりしているらしい)

改札がない

→切符を買って、ホーム若しくは電車内にある

機械に差し込んでスタンプをする必要があります。

1回スタンプすれば確か片道90分有効です。

 

コントローラーが時々来て、ちゃんと切符を買っているのか

チェックしてきますので、必ず買うようにして下さい!

そして、自信がない時や、不安な時は

ネットの情報に惑わされず、

必ず駅のインフォメーションなどで

確認をとって下さい!

すごい嫌な対応されることもありますが、耐えろ、耐えるんだ・・・

 

違反すると60ユーロの罰金です!

 

私は定期の期限が切れているのを忘れており、一度罰金を

払いましたーーーーーいえーいいいいいいいい!!!

(しかもコントローラーが控えた住所が間違っており、

罰金の紙が届かないというトラブルがあり、

DB(ドイツの鉄道会社)に連絡したりと、最悪の思い出だった)

 

■チケットについて

チケットは、定期、片道券、4回券などと豊富にありますが、

私は学校とバイトに行っているのと、

確実に行動範囲が広がるという理由から、

定期を購入しています。

 

注意!

普通の定期は月単位での購入となりますので(年間もあり)

例えば3/15に購入しても、「3月分」という形となり、

3/1に購入しても、3/15に購入しても

金額は同じかつ、月末若しくは月初の○日まで(決まってる)しか乗れません!

 

■定期の種類

簡単に書きます、コロコロ変わることもあるようです!

・Ticket 1000 9Uhr…9時から翌午前3時まで有効の定期(夜遊びの時は注意!)

・Ticket 1000…時間指定なし

↑追加チケットで州内他の市に行くことも可能です♪

 

・Ticket 2000 9Uhr…9時から翌午前3時まで有効、

※自転車乗せれる、平日19時以降と、土日は同乗者無料、

また、土日は州内の他の市にも無料で行けたりする。

・Ticket 2000…時間指定なし、※同じ

 

他にも年間定期などもありますので、

詳しくは『ドイツ 定期』などで検索ください!

日本語の情報も沢山出ています〜^^

 

定期さえあれば無敵な気分になれますし、

1日しか休みがない日でも、フラーっとどこかに行けたりしますので、

是非購入をオススメします!